磐田市・袋井市・浜松市の退去立会い:株式会社メイン
中立の立場でプロが行う
トラブルの少ない退去立会い
株式会社メインへのご質問お問合せ



◆退去立会い専門内装工事

原状回復の現状

近年、原状回復のガイドラインの公布により、
賃貸物件の原状回復を巡るトラブルが
急増しております。
TV、週刊誌などの過剰な報道もありますが、
トラブルの多くは入居者への説明不足、
オーナーの理解不足によるところが多く、
解消するには、
しっかりとした説明をその場で行ない、
納得して頂く事が重要です。

そこで我社が推進する
「退去立会代行システム」は、
今までの知識、経験を活かし、
内装工事会社の優位性を利用し、
管理会社に代わって(アウトソーシング)
敷金・保証金診断士が入居者が
納得出来る説明を行ない、
円滑に退去立会いを行ない
トラブルを制御する事を目的にしております。



信頼・安全
敷金・保証金診断士による・中立な説明
実績・年間500物件 1996年より 
県西部、地元企業でのリフォームにより迅速なアフターケア

管理会社様の利点
代行業務を行なう事で、
管理会社が行なう業務に費やされる労力の削減ができ、
さらにコストの削減に繋がります。
敷金・保証金診断士による退去立会いでトラブルを制御でき、
入居者・オーナーに信頼感を与える事ができます。
当社が内装工事会社ですので、即時発注が可能となり、
工事期間が短縮でき、敷金精算までの時間が短縮できます。

入居者様の利点
敷金・保証金診断士により中立した立場の説明をその場で受ける事ができ
安心して頂けます。
スムーズな敷金精算により、敷金返還までの時間が早い。
専門内装工事会社、自社のスタッフの工事により、
低価格で施工が出来ます。

オーナーの利点
内装工事会社が行なう事により、工事完成、
敷金精算までの時間が短縮出来、次の募集がすぐに行なわれる事で、
空室による未収の家賃期間が短縮でき、収益を上げる事が出来る。
リフォーム期間中に、老朽化した部分など、
その他の修繕を同時に行なう事により、コストの削減が出来る。
オーナーの希望により、老朽化した物件、時代に適さなくなった物件等、
入居者側からの視点にたった、リフォーム提案し、
入居率アップさせる事も同時に行なえる。

「退去立会代行システムの流れ」
管理会社様から退去立会日時通知依頼

退去者様と現地にて退去立会い

その場で敷金清算書の作成・承諾

オーナー用敷金清算書の作成・その後承諾

管理会社様から工事発注依頼

物件の原状回復工事

管理会社様へ工事完成連絡・鍵返却

メインに依頼するとお得な点 すべてサービス
■キーボックスの無料レンタル(暗証番号)

工事期間中にかかわらず、
入居者決定までキーボックスを無料でレンタルしますので、
見学案内時に、わざわざ鍵を業者さんに貸出す必要もなく、
即時見学ができます。

■シリンダー交換が後工事

鍵の交換を入居者決定してから行ないますので、
次の入居者様により安全に鍵を渡す事が出来、安全、安心に繋がります。

■畳後入、又は無料養生シート貼り

入居者決定してから、畳を入れる事により、
日焼け防止、カビの発生等のトラブルを管理する事無く解消できます。
又は、表替えした後に養生シートを敷く場合は、日焼け防止、
カビの発生も無く、こちらは緊急に入居が決まった時に対応できます。

■排水管防臭シート貼り

流し台排水蓋、洗濯パン排水蓋、洗面所排水蓋、トイレ等に
防臭シートを貼る事により、長期間空室になった場合でも、
配管からの臭いの制御、害虫等の発生制御も出来、
再清掃の費用も軽減出来ます。

■自社工事

当社のスタッフが基本的に工事をしますので、
施工技術もハイレベル、低金額の工事が行なえます。詳しくはコチラ→

■盗聴器発見

盗聴器発見簡易器にて、電波が出ているか、いないか調査します。
(盗聴器の反応があった場合は、別途撤去費、調査費がかかります)



メインの会社概要がご覧頂けます


メインの経営理念がご覧頂けます


退去立会い専門内装工事の詳細がご覧頂けます


メインの工事概要がご覧頂けます


質問・疑問・資料請求等はコチラ


アクセスマップをご覧頂けます
退去立会い(退去立合い、空け渡し確認、引渡し、退去チェック、アパート引越、敷金礼金清算等)から、修繕費見積もり・リフォーム費見積もり、クロス貼替・フロア工事・畳・襖・網戸・カーテン・ブラインド等退去後のリフォーム、ハウスクリーニング・室内消毒・配管清浄・定期清掃までトータルサポートの退去立会い専門内装工事会社「株式会社メイン」です。【本社】〒437-0065 静岡県袋井市堀越3丁目5-5  TEL/0538-86-3281  FAX/0538-86-3287

0538-86-3281 info@main-kabu.jp